(改)キャンプ? in Car 第4話

NTR官能小説
 一行は車酔いした正彦の回復を待って、サービスエリアを出発した。遅れを取り戻すように、アクセルを踏み込んで正志は車を走らせていた。
 
 その車内の様子であるが、サービスエリアに寄る前と後では、若干の違いがあった。車酔い対策で正彦からゲーム機を取り上げた事は勿論のこと、座る位置を車酔いしやすい後方のシートから助手席に変更していた。

 助手席に座っていた恵美子は、長男と座る位置を交替し3列目の座席へ移動して、清三と並んで座る形になっている。

「恵美ちゃんも飲むか?」
 恵美子がジーンズに包まれた窮屈そうな尻を三列目シートに滑り込ませると、隣の清三はプルタブに指を掛けて言った。
「着いてからでいいですよ」
 酒があまり強くない恵美子は、丁重に断る。
 
 運転席の正志からは、3列目シートの会話は聞き取り難いが、ビールという単語が聞こえて、ルームミラーをのぞいた。隣の清三からビールをすすめられる恵美子と目が合った。

「恵美子も飲めば」
「えっ!? うーん、じゃあ少しだけ」
 夫のすすめもあり、恵美子は渋々ながら隣の清三から缶ビールを受け取った。

 高速道路を走って1時間が経過すると、皆早起きだったせいか、喋り疲れて段々と会話が少なくなってきた。目的地のキャンプ場までは、まだ1時間以上かかる距離だ。

 夫の後押しと雰囲気に流されてビールを飲んだ恵美子は、車の揺れも手伝い、早々と酔ってしまっていた。何時もは、気持ち悪くなるだけだったが、隣の清三の軽妙な語り口を楽しんでいるせいか、やけに心地がよかった。

 ―――いつもより美味しいわ

 ほろ酔い気分の恵美子は、突然、右太ももに違和感を感じた。

「―――ひゃっ! つ、冷たい!」
「わ、悪い。いきなり噴き出した」

 小さな悲鳴を上げた恵美子に、中身が噴き出したビール缶を手にしている清三が謝った。見れば恵美子の右太ももは、清三がこぼしたビールで濡れ、その部分のジーンズは黒い染みを作っていた。

 そして謝った清三は、素早い動きで手荷物からハンドタオルを取り出し、恵美子の濡れた太もも部分のジーンズを躊躇なく拭きはじめたのだった。

「だ、大丈夫です。自分で拭きますから」
「ちょっと待った。動くと座席が汚れるから!」

 慌てて断る恵美子に、有無を言わさぬ様子の清三は、濡れた太もも部分を丁寧に拭いた。結果、されるがままとなってしまった恵美子の頬は真っ赤に染まる。親友の夫で、自分の夫の直属の上司でもある男に、ジーンズ越しとはいえ、太ももを触られているという状況に戸惑い、夫の助けを求める気持ちで運転席の方へ顔を向けた。

 しかし、ビールがこぼれた時の悲鳴が思ったよりも小さかったらしく、正志やすぐ前の座席の梨花でさえも、全くアクシデントに気が付いてない様子であった。

「乾くかな――― 結構濡れてるよ」
 ビールをたっぷり吸ったハンドタオルを太ももから外した清三は、前の座席の背もたれに掛かっていたティッシュを何枚か手に取って、恵美子の太ももに擦り付けた。

「ちょ!? もう大丈夫ですから!」
「―――まだだ。こぼれたビールが下まで垂れてる。ちょっと足を浮かせてごらん」

 拒否する恵美子の言葉を遮り、清三の手が強引に太ももと座面の間に滑り込む。荷物と清三に挟まれて身動きの取れない恵美子は、仕方なく尻を支点に太ももを浮かせ、清三に協力する姿勢になった。

「ああ―――」
 大きく熱を持った清三の手の平の感触に、恵美子の口から思わず小さな呻き声が漏れた。その声は、車内には響かず、高速道路を走行中の風切音にかき消されてしまう。

 恵美子の浮かせた太ももの裏側に、ティッシュペーパーをあてがう清三。その行為自体は、とても作業的なものに感じるのだったが、下半身を間接的に触られているという事実から恵美子はどうしても恥じらってしまう。しかし、真剣な表情の清三を気遣うために、平静を装った。

 太ももの裏側にあてがっていたティッシュペーパーを、清三は何回か取り換えて、ジーンズに染み込んだビールを吸わせてゆく。受け身の恵美子は、困り顔で視線を彷徨わせていたが、不意にルームミラー越しの正志と目が合った。

「どうかした?」
 少しざわついた雰囲気を感じた運転席の正志が、気になって恵美子に声を掛けた。夫の突然の問いかけに、恵美子は動揺した。
 まさか、「濡れた太ももを拭いてもらっている」とは言えず、少し間を置くと、何事もないように答える。
「な、何でもないわよ―――」
 
 尻を浮かしている姿勢で、夫以外の男に間接的ではあるが太ももを触られているという状況に、咄嗟に嘘が出た。恵美子が言うと、隣の清三が一瞬だけ手を止めた。すぐに動きを再開させる。
 正志が見ているルームミラーの角度では、三列目に座っている恵美子と清三の胸部から下は見えていなかった。

 恵美子の返答に免罪符を得たと思ったのか、清三は太ももの裏に回した手をいっこうに外そうとはしなかった。それどころか、太ももの裏にあった手の平を、支点の尻の方へ移動させたのだ。

「か、川野さん!? 酔ってるの?」
 何食わぬ顔で尻を触る清三に、恵美子は非難の目を向けた。しかし、川野は悪びれる様子もなく、大胆にも秘め事の共犯者に合図でもするようにウインクを返したのだった。

 ―――酔っているだけよ・・・・・・ こんなことは子供の悪戯みたいなものだわ

 恵美子は、清三の行為は酒のせいで、冗談の延長線上にあるものと信じたかった。ゆっくりとだが、清三の手の平が移動し、完全に恵美子の尻を捉える。
 身を捩った恵美子が太ももを下ろすと、清三の手の平が完全に尻の下に敷かれた格好となった。

「ちょ、ちょっと! お尻に触らないでください―――」
「―――静かに! 聞こえるぞ」
「川野さん、酔ってるのは分るけど悪戯では済まないわよ」

 清三を睨みつける恵美子。清三の手の平は、恵美子の熟れた尻の肉に密着していた。しかも、尻のほぼ真ん中で、指は股間部分に掛かっている。
 清三が恵美子に微笑みかけた。清三の様子に異変を感じた恵美子の体が小さく跳ねる。
「―――っあああ!?」
 口に手を当てて声にならない悲鳴を上げた。清三が尻の下で中指を軽く曲げ、指の腹で恵美子の股間を擦りはじめたのだった。

 ジーンズ越しではあるが、密着する指の腹は、芋虫が這うような感覚で、的確に恵美子の股間の芯を捉えてくる。

「ちょ、ちょっと! 川野さん。ダメです、止めてくださ」

 身を捩って恵美子は訴えかけた。しかし聞く耳を持たない様子の川野は、一向に動きを止めようとはしなかった。どうすることもできない恵美子は、声が出ないように強く口を結ぶしかなかった。

 ミニバンの最後尾のシートで、妻と上司の不貞行為が行われていることを知る由もない正志は、最終のインターを目指して黙々とハンドルを握り、清三の妻梨花もチャイルドシートの香住を気にはしても、後方を振り返ることはなかった。

 ◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

「あっ、ううっ」
 吐息のような呻き声が、恵美子の口を衝いて出た。指の腹で擦られる股間に、内側から熱を帯びてきたのを感じていた。

 ―――嘘っ・・・・・・ 

 この半年の間、夫と夜の営みがなかったことを考え、正直な体の反応を恵美子は恨めしく思った。
身動きが取れず、声を上げることができない状況で、暫く身を任せる形となっていた恵美子だが、ふと気が付くと清三の肩にもたれ掛かっている自分に気が付いた。

 恵美子が慌てて体を起こそうとすると、「力を抜けよ」と清三が耳元で囁いた。さすがにルームミラー越しの正志からでも見えてしまう姿勢である。しかし股間を清三の指で擦られ、思考の麻痺が伺える恵美子には、体を離そうとする動作が緩慢だった。

「いいから、もたれてろよ」
「でも―――」
 耳元の甘い囁きに、恵美子は体の力が自然と抜けた。

「・・・・・・手で」
 股間への愛撫が続く中、恵美子の右手首が掴まれた。清三の股間部分に誘導される。

 麻痺しかけた恵美子の頭でも、清三の意図が理解でき、慌てて手を引っ込めようとするのだが、掴まれた右腕はびくともしない。

「っ嫌!? ダメ、離して」
「静かに!」

 嫌がる恵美子は、手の平に押し付けられる短パン越しの硬い感触を捉えていた。
「お互いに触りっこしよう」
「ほんとにダメ。止めて。冗談はよして」 
 恵美子の抗議にも、清三の指の動きは止まらない。逞しく硬い手の平に伝わる感触と、股間に押し寄せる快感のさざ波で、段々と恵美子の思考回路はふやけていった。

 ◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

 ミニバンは目的のインターに近づいていた。遠くに見えていた稜線が、いつの間にか近くに迫り、山間部の県北を実感させる。

「うっ、うう、はぅぅぅ」

 体を清三に預けた恵美子は、左手を口にあてがって、押し寄せる快感に堪えていた。恵美子の頭は、清三の左肩にもたれ掛かっている。

 そのため恵美子と清三の顔が、異常に接近していた。時折、清三の欲望を宿した視線と、恵美子の熱を帯び呆けた視線が交錯する。

 清三の短パン越しの股間には、恵美子の右手が添えられていた。先ほどとは状況が違って、もう清三の手で押さえつけられてはいない。恵美子の意志でその場所に留まっていた。

「恵美ちゃん、さすってくれ」
 
 清三の申し出に恵美子の返答はなが、その代りに恵美子の右手がゆっくりと上下した。お互いの性器を擦りあっている非日常的な行為に、普通の主婦である恵美子は強い興奮を覚えた。

「ううっ、はぁ、ううう」 
「いけよ」
 
 快感を必死に堪えている恵美子の耳元で清三が囁いた。

「嫌っっっ、だ、だめょ・・・・・・」 
 
 口では拒否するだが、恵美子は腰を少し浮かせて、熟れた尻を前後に小刻み動かし始めた。予想外の反応に、清三は興奮を増し指に力を込める。

「ほらイケよ! 声は出すな」
 
 清三の悪魔の囁いに、恵美子は「イヤイヤ」とかぶりを振って答えるが、視線を前方へ泳がせて車内の様子を確認することを怠らない。

 ―――お願い、こっちを見ないで

 運転に集中する夫と、前を向いている親友の様子を確認した後、恵美子は静かに絶頂を受け入れた。

 ―――うっっっ! いくっ! イ、イッちゃゃゃううう!! 

 体を小刻みに震わせ、静かな絶頂の余韻に浸る恵美子。その白い首筋に、たまらず清三の唇が吸い付いた。大きな口で、上下にしゃぶられる。そして新たに加わった刺激で、再び絶頂への門が開いた。

 ―――くぅぅぅっ、ダメ~~~ また、いくっ、いくいく! イッちゃううう!!

 二度目の絶頂の瞬間、恵美子は清三に唇を奪われた。

「うううぐぶぅ」 

 清三が口を塞ぐのがもう少し遅ければ、絶頂に体を震わせた恵美子の嬌声は、大音量で車内に響いていただろう。

 短時間ではあったが、ミニバンの中で、恵美子と清三の舌が絡み合った。

コメント