擬似、請負い妻

NTR官能小説

擬似、請負い妻 第36話

 珠希さんを30万円で買った週の土曜日―――。    朝からそわそわとして落ち着かないゆり子をよそに、家じゅうに掃除機をかけた。珠希さんに汚い家は見せられない。  夕方近くになって呼び鈴が鳴ると、俺はゆり子と並んで木村夫婦を玄関で出迎え...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第35話

 テーブル席にある2人掛けのソファー。  そこに俺たちの体は窮屈にハマり込んでいた。 「はぁん、あん、うう――― いまさらぁ、ああ、なんだけど、ゆり子さんに、うっ―――悪いわぁ」 「そんなこと言ったら俺だってキムに」  俺と珠希さ...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第34話

 親友の奥さんを金で買ったのは俺の方だった。  吾妻と『先生』に駆け引きで勝利できたことには安堵しているが、まあ勝利と言ってもそれは一時の勝利なわけで・・・・・・一晩だけ珠希さんの体を知らない男の手から守ったことには違いないのだが。 ...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第33話

「今夜は俺が、俺が買います!」 「――――――!?」  俺の言葉に一番驚いたのは、吾妻でも『先生』と呼ばれた男でもなかった。  隣に立つ珠希さんが驚きのあまり一瞬だけ息を止めたのがわかった。唇を固く結んで俺の顔を見てくるけど、その目...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第32話 

 カウンターに置かれているディスプレイがやたらと眩しいデジタル時計を見れば、時刻はとっくに10時を回っていた。  部長の誘いは災難だったが、吾妻と出くわさなかったことは幸運だったと思う。 「―――ごめんね~お客さん来なかった?」 「...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第31話

 ―――木村夫婦と話し合った翌週の水曜日。  相変わらずスマホの画面を眺めながら仕事をしていた。  吾妻からの電話はない。  それでもなかなか仕事には身が入らず・・・・・・珠希さんの抱える深刻な問題やその珠希さんの体を性欲に負けて弄ん...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第30話

 週末の昼過ぎに我が家で集まって行われた話し合いは、結果として有意義なものだったと思う。  木村の相談内容は新婚には致命的なもの。  それでも珠希さんに見合いに至る経緯や、その過程で行われてきた女性恐怖症の克服についての話を共有できたこ...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第29話

 木村の見合いに至るまでの経緯―――女性恐怖症に対する俺たちの行いを正直・・に珠希さんに話した後、いよいよ本題へと入った。 「―――で、1度も、ないの?」 「・・・・・・」「・・・・・・」  遠慮がちなゆり子の言葉に、無言で小さく頷...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第28話

 ―――週末の昼過ぎに木村夫婦を家に招いた。  込み入った話になることを予想して、子供は実家に預けていた。  近くに実家があるということが煩わしく思う時もある。まあ、大体は便利に利用させてもらっている。 「休みに悪いな」 「お邪魔し...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第27話

 スナックへ呼び出されてから、一週間が経過していた。  その間、吾妻からの連絡は一度もなかった。  あの夜のことを思い返せば、欲望に身を任せたことをもの凄く後悔している。部屋に入った時から気になっていた撮影機材―――珠希さんから体を離...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第26話

 ●●●●●〇●●●●●  お世辞にもラウンジとか、そういった横文字の似合うおしゃれな感じの店ではなくて、『場末の』と言った方がしっくりくる、そういう店だった。  店内にはカウンター席の他にボックス席が2つ。  店の広さからすればオー...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第25話

 ―――時刻は午後7時を少し回ったところだった。  退社時間になってからすぐに外へ出た俺は、あれこれと考えながら駅前をふらふらと歩き回り、なんとなく時間を潰していたのだ。  吾妻から時間の指定はなかった。ただ、なかなか珠希さんの店へは...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第24話

 入籍後の2人―――木村と珠希さんの日常は、周りが驚くほどに何の変化も見受けられなかった。     その大きな理由の1つが、別居生活によるものだろう。それは木村の実家の改築が終わるまでということになってはいたが、あと3ヶ月近くはかかるらし...
NTR官能小説

擬似、請負い妻 第23話

 まだまだ残暑が厳しい9月の吉日―――。  幼馴染で親友の木村とスナックで雇われママとして働いている上月珠希こうづき たまきさんの結婚式が、小さな教会で親戚やごくごく親しい友人が招かれて執り行われた。  馬子にも衣裳の木村は終始緊張し...