(改)キャンプ? in Car 第24話(完結)

NTR官能小説
 運転席の清三と助手席の恵美子がミニバンを後にしてから、30分近くが経過していた。
 車内ではセックスを終えたばかりの正志と梨花が、汗ばんだ体を離して乱れた呼吸を調えていた。

 肩で息をしている正志は、昨夜の出来事と出発前に妻と清三が隠れて抱き合っていた場面を思い返し、いっそのこと隣の梨花に互いの伴侶の不貞を告白してやろうかと考えた。

「どうしたの?」
 チラチラと視線を寄こす正志に対して、首を傾げて不思議そうに梨花が聞いた。その仕草はどこかあどけなく見えて、まるで天真な少女のようだと正志は思った。

「えっ!? い、いや、何でもないよ」
 妻には感じたことない魅力の持ち主―――、梨花の問いかけに正志は言葉を詰まらせた。あどけない表情と明るい調子の声を聞いて、不貞を告発してやろうという考えが霧散したのだった。

 車内では子供たちの規則正し寝息がいつの間にか消えていた。2列目の座席で目を覚ます気配があり、正志と梨花の会話は中断された。

「ママは?」
 目をこすりながら香住が不安そうに言って車内を見回す。3列目のシートに大人の存在を認めて、安堵した表情を作った。

「目が覚めた? ママの所へ行く?」
「うん」

 優しい笑顔で梨花が言うと、香住は元気よく返事をした。そして2人の会話に目を覚ました正彦が、「トイレに行きたい」と訴えた。 

 ◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

 車で溢れかえる駐車場を歩きながら、正志はサービスエリア内の建物の方向に目を凝らしていた。多くの客の中に、恵美子と清三の姿は見つからない。すぐ横で香住の手を引く梨花が、小声で話し掛けた。

「どこにいるんだろう?」
「売店でお土産を選んでるんじゃないのかな」

 言った正志は、手のひらで庇を作り午後の強い日差しを遮るようにしてサービスエリアの敷地内を大きく見渡した。
 さっきまで梨花とカーセックスを愉しんでいた正志には、2人の戻りが遅いとは言える立場にない。それでも妙な胸騒ぎがあった。

 視線の先にドッグランの設備がある。その横にトイレがあった。駐車場で立ち止まった正志は、トイレの出入り口を凝視した。
 その場所には、衆人環視の中にあって唯一の密室が存在する。恵美子と清三が不貞行為に及ぶとすればトイレの個室意外には考えられなかった。
 
 不安に駆られた正志が棒立ちでトイレの方向に視線を向けていると、すぐに恵美子の姿を捉えることができた。
 恵美子が出てきた扉―――、遠目にも男性用の入口と女性用の入口との間にある、男女共用トイレだと分かった。夫の視線には気付かず、乱れた髪を整える仕草の恵美子はそのまま売店が入る建物の方に歩いて行く。

 恵美子の背中が見えなくなると、正志は妻が出てきた共用トイレの入口に視線を戻した。予想通りスライド式の扉がゆっくりと開いた。そして何食わぬ顔の清三が姿を現したのだった。

「筒井さん、どうかしたの?」
 急に立ち止まった正志を訝しむようにして梨花が言った。正志の視線の先に清三の姿を認めた。

「あっ! あんな所にいた。恵美子は一緒じゃないみたい」
「そ、そうだね。たぶん売店にいるんじゃないかな・・・・・・」

 正志と梨花が立ち話をしているところを、トイレから出てきた清三が見つけて手を振った。煙草に火をつけて正志と梨花の方に歩み寄る。

「思ったより混んでてな――― いま車に戻ろうとしてたところだ」
 頭を掻きながら清三が言った。どこか言い訳じみていた。

 共用トイレの中で何をやっていたのかは、正志には容易に想像がついた。自然と苦笑いが漏れる。まさか客で混雑しているサービスエリアの中で、同じ時間に互いの伴侶を取り替えてセックスをしていようとは―――、理不尽な現実に正志は深く考える事を止めてしまった。

「恵美子は?」
「車に戻ってないのか?」

 何も知らない梨花が、紫煙をくゆらす清三に聞いた。カーセックスの後だというのに、いつもと変わらない口調だった。
 質問に質問で返した清三は、左手で鼻頭を触りながら梨花と目を合わせないでいた。

 ―――結局、2家族が合流してから、買い物などで1時間近くをサービスエリアで費やした。
 運転を交代した正志の隣には、恵美子がそのまま座っていた。3列目のシートには川野夫婦が座った。

 運転の傍ら、正志は横目で恵美子を見た。疲れた表情の中にも満ち足りたような感情が読み取れた。それに頬にかかるほつれ・・・毛が妙に色っぽいものに感じた。

 サービスエリアを出発してから、互いの夫婦の会話はなかったものの、子供中心の会話は絶えないでいた。

「次は釣りだよね。川野のおじさん、いつ行くの」
「そうだな―――」
「僕、大きな魚を釣りたいんだ」
「なら、海釣りだな」
「やった~」

 次の計画を勝手に進める正彦と清三。その会話に恵美子が割って入った。
「川野さんを困らせては駄目よ」
「困らせてないよ。川野のおじさんが連れて行ってくれるって約束したんだ」

「そうだな、行こう」
「うん」

「すみません。勝手に約束なんて・・・・・・」
「いや、俺が言い出したんだ。恵美ちゃんも一緒に来るだろう?」

「えっ!? わ、私も?」
「あぁ、みんなで行こう」

 清三の誘いに戸惑った恵美子が、顔を赤くして俯いた。車内の会話を聞きながら、正志は妻の様子を窺っていた。

―――恵美子はいったい何を期待しているんだ・・・・・・

 振り返ればセックスレスの期間が長すぎたのだと正志は思った。このキャンプで欲求不満の恵美子の身体に火がついてしまったのだろうか―――。
 いや、それだけではないのだろう。清三とのセックスが良かったのだ。相性というやつだろうか。大きな体格に比例して立派な一物を備えている清三に比べ、夫の正志は雄として見劣りした。

 悔しい気持ちが込み上げてきた正志は、ハンドルを握る手に力を込めた。昨夜の悩ましい恵美子の声が頭の中で反芻する。心の騒めきが下半身に伝わり股間を硬くした。そして家に帰り着く直前まで、勃起が治まることはなかった。
 
 ◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

 キャンプから帰って3日が経過した―――。
 筒井家と川野家の生活は日常に戻り、正志が口をつぐんでいることで、どちらの家庭にも表面上は波風は立っていなかった。
 
 うだるような暑さに加え、妻の不貞の事実に心の整理が追い付かず、正志は重い足取りで駐車場から銀行裏の通用口に辿り着いた。

「おーっす」
 背後から野太い声が掛かる。朝から聞きたくない声だった。同期であり部下でもある正志は、敢えて振り向かない。相手の顔を見ないまま、「おはようございます」と努めて平静に返事をした。
 
 おかしな態度だったが、それには妻を寝取られる以前からの理由があった。それは清三と会議に出席した後のことだった。誰もいない喫煙所に呼ばれ、「いくら同期でも人前では敬語を使え。一応、俺にも立場ってものがある」と冷たい口調で言われたのだ。

 そんな職場環境の中で、同期であり上司である男に妻を寝取られた。ただ寝取られただけであったのら、正志は銀行を辞めていただろう。
 しかしそうはならなかった。梨花と関係を持ったことで、複雑な状況には陥ったものの、正志はなんとか日常を続けられていたのだ。

 振り向かない正志の背中に清三が続けて言った。
「そうそう――― お前に早く伝えたい事があってな」
「・・・・・・」
 嫌みな言い方だった。振り返った正志は、ニヤケ顔の清三を見て身構えた。

「役席推薦の話なんだが、お前に決まったよ」
「―――えっ!?」

 唐突な話に、正志は言葉を詰まらせた。清三が身に纏う人を馬鹿にしたような雰囲気と、話している内容が噛み合っていなかった。

「誤解するなよ。同期だからじゃないぞ。あくまで仕事の能力を上司として評価してのことだ」
 上司の威厳をもって言ったはずの清三の口の端がいやらしく・・・・・歪んでいた。立ち尽くす正志の肩を叩いて、先に建物の中に入っていった。

 どこか不信感の募る言い方だった。清三と妻の不貞、梨花との関係、それに加えて突然の役席推薦の話。この数日間で正志の生活は目まぐるしく変化の一途を辿る。

 数日後―――、本店の人事部から呼出しを受けた正志は、海外アジア支店勤務の辞令を受けた。

コメント