船上で寝取られて 第8話

NTR官能小説
 寝台上段のカーテンが閉まると、頭上・・から聞こえていた会話が少なくなった。その代りに、ぴちゃぴちゃ、と湿り気を帯びた音と妻の明らかな喘ぎ声が聞こえ始めた。

「うっ、ううう、はぁう、うっっっん」
 色っぽい抑えたような低い喘ぎ声。それは妻が本気で感じている時に発するもので、僕が最近聞けていないものだった。
 完全に起き出すタイミングを失う。妻の喘ぎ声や淫靡な音に想像を描き立てられ、勃起した一物が何度も脈打つように震えて快感を伝えた。

「ここ弱いんですね」
「はぁぅ、駄目ぇぇぇ」

「体がビクンビクンって反応してます」
「はぁ意地悪・・・・・・ うっうううぁぁぁん」

 頭上の2人はどんな状況なのだろうか。正面から抱き合っているのだろうか、はたまた仰向けに寝転んだ妻に田中が上から覆い被さっているのだろうか、頭の中で妄想が膨らむばかりだった。
 実際の行為を覗き見たいという思いが持ち上がる。本当なら頭上の行為を止めるべきなのだが・・・・・・。

「ね、ねえ、聞いて。これ以上は駄目だよ。私たち知り合ったばかりだし、それに――― 下に夫が寝てるから・・・・・・」
 妻の口から『夫』という言葉が聞こえ、思わず息を止めた。映画館での出来事で、妻への信頼は何処かに吹き飛んでしまっていたが、田中を制止する妻の言葉に少しだけ安堵するような気持ちが生まれる。

「じゃあ僕のを触ってくれますか」
「さ、触る!? も、もう――― いやらし事ばかり言うのね」
 田中の要求に戸惑う妻。明確な返答は聞こえてこず、少しの間をおいて寝台が小さく軋んだ。

「どうですか?」
「ちょ、静かにして。人妻に変な感想を求めないの」

「大きいですか?」
「・・・・・・大きさなんて、そんなのわからない」

「旦那さんと比べて」
「―――バカ」

「うっ! そんなに力を込められると――― ちょ~気持ちいいです!」
「ば、バカぁ。そんなに力入れてないよ。うぁぁぁ~~~硬いよ」
 
 2人の会話から、妻が田中の一物を手で触っていることが分かる。声は熱を帯び、若い学生との会話に酔いしれているようだった。
 僕はパンツの中に手を入れて、自身の勃起した一物を握りしめた。

「―――っえ!?」
「握ったままで離さないでください。奥さんの胸、すごく綺麗です」
 頭上では妻の驚く気配があり、衣擦れの音が聞こえた後に寝台が大きな音を立てて軋んだ。

「ぁあん! 強く吸っちゃだめ」
 ちゅうちゅう、といやらしく・・・・・吸い立てる音に続いて、妻の切羽詰まった余裕のない声が聞こえた。

「ううっ、ううん、うっ、うう、あああん」
「奥さん、しごいて・・・・ください」

 ギシギシと小刻みに音を立てて軋む頭上の寝台。僕は頭上から聞こえてくる会話に、自身の一物をしごきながら想像を膨らませた。

 ―――Tシャツとホットパンツに着替えた妻が、田中と向き合って横になっている。妻のシャツは大きく捲られ、露出した白い乳房にタコの吸盤のような田中の口が吸い付いていた。頭を左右に振って悶え感じている妻の手は、田中の勃起した一物をしっかりと握り込み上下にしごいて―――。

 一際大きな音を立てて寝台が軋み―――、僕は際限なく膨らむ想像の世界から現実の世界へと引き戻された。頭上の気配に集中する。

「お、奥さん、イキそうだ!」
「あぁぁぁ~ん、出してぇぇぇ」
 我慢の限界を迎え、絞りだすような田中の声。それに応じる妻の声は、夫の僕が一度も聞いた事のない程に卑しく興奮で震えていた。

「いっ、くうっっっ!」
「きゃっ!! あ、熱い――― あぁぁぁん~白いのが、たくさん・・・・・・」

 妻の手こきで田中が射精したのだろう。寝台の軋みが止むと、頭上の2人の荒い息遣いだけが客室内に響いた。そして、ちゅっちゅっ、と濡れた音―――、深いキスを思わせる音がゆっくりと聞こえ始めた。

コメント