船上で寝取られて 第1話

NTR官能小説
 妻とは趣味のオートバイを通じて知り合った。初めは複数人が参加するツーリングで顔を合わせる程度の間柄だったのだが、僕からアプローチして、次第に2人でのツーリングの機会が増えた。
 振り返ると時間の流れは早いもので、気が付けば結婚生活も10年が経過していた。

 妻はスレンダーな美人で、ツーリング先で知り合う男たちの妻に対する熱い視線が、今でもその美貌を証明している。それに、僕の実家へ帰省すれば、現役を退いた親父でさえも、年甲斐もなく息子の嫁の体に熱のこもった雄の視線を向けてくるほどだ。

 子供は、小学生の男の子が2人いる。しかし、妻の体型は知り合った当時のままで、専業主婦のエプロンよりライダースーツの方がよく似合った。

 この夏、子供の夏休みにあわせて、僕と妻は北海道へのツーリング旅行を計画した。子供達は僕の実家へ預けて、僕と妻の気ままな2人旅の予定だった。北海道へは、フェーリーでの一泊後に小樽へ上陸して、その後に稚内を目指すという計画を立てた。
 そのツーリング計画のフェリー船上で起こった出来事が、僕の隠れた性癖を露わにし、以後の妻との性生活を一変させることになったのだ。

 ◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

「気持ちが良いわね」
「ああ・・・・・・」

「陸を離れたら船の揺れが穏やかになった感じよ」
「まだ気持ちが悪いよ」

「酔い止めは飲んだの?」
「もう2日分は飲んだよ」
 僕は自嘲気味に答えた。昔から乗り物に弱く、乗船直後から客室の寝台で横になっていた。船の揺れが穏やかになったころに、妻を追いかけてデッキに上がってみたのだ。
 7月末の日本海は、深い蒼色が美しい。緩やかな風はぬるいが、船内の効きすぎた冷房よりは気分が晴れる。

 ライダースーツから裾の長いサマーワンピースに着替え、デニム生地のアウターを羽織った妻の絵理が、遠く離れてしまった陸地を眺めている。
「相部屋の2人は大学生だって。僕たちと同じくツーリング。でっ、北海道滞在日数は未定だそうだよ」
「羨ましいわね」
「若さ?それとも自由な時間?」
 僕の問いかけに妻は答えることがなかった。そのかわりに、声なく小さく笑った気がした。

 僕たちの客室は4人部屋で、2段の寝台が狭い通路を隔てて設置されていた。僕と妻は船首側の2段の寝台となっていて、僕の船酔いを考慮して妻が上段を使用すると申し出た。
 乗船直後に僕たちは、学生の2人の青年と顔を合わせているが、お互いに軽く会釈しただけで、学生たちは荷物を置いて早々と部屋を出て行ってしまった。

 妻はその隙に、体の線が強調されたライダースーツから洋服に着替え、真っ青な顔の僕に薬の箱を渡して船上デッキへ上がったのだった。

 しばらく寝台に横になっていると、相部屋の学生たちが帰ってきて、向こうから話しかけてきた。
「ツーリングですか?」
「ああ、そういう君たちも?」
「はい。学生最後の夏休み、思い出作りです」
 学生は、どちらも僕より背が高く、小麦色の肌で、服の下の引き締まった体を容易に想像できた。
 最初に話しかけてきた方が田中と名乗った。もう1人は渡辺と名乗ったが、会話には入ってこなかったことから、今時珍しく硬派な印象を受けた。

「一緒の人は?彼女ですか?」
 田中が妻の寝台に視線を向ける。

「彼女? 妻が聞いたら喜ぶよ」
「あっ!?すみません。 奥さんだったんですね。 すごく綺麗だったから」

「君らから見たら、おばさんだろう。こっちは、そういう歳だよ」
「おばさんだなんて!すごく綺麗で旦那さんが羨ましいですよ」

 田中と名乗った学生は、お調子者の部類だろうと思ったが、妻がいる同じ客室で一泊するということを考えると少し不安に気持ちになった。

「彼女?それって、若く見られたってことかしら」
「綺麗だって褒めてたよ」

 海を眺めていた妻が、反転してデッキの手すりに背中を預け、僕に満面の笑みを向けてきた。僕はその時、先ほど感じた不安な気持ちが、心のどこかでくすぶっていることに気が付いていた。

「遅めの昼食にしないか?」
「レストランって24時間営業かな?」

「まさか。閉まるまでに行こうか」
 僕は、モヤモヤする気持ちを食欲で紛らわすために妻をレストランへ誘い、デッキを後にしたのだった。