船上で寝取られて 第12話

NTR官能小説
 中央階段を下へ降り、薄暗い誘導灯が光る通路を抜けた。人とすれ違うのがやっとの細い通路の先に、腰の高さでチェーンが渡されている。中央に黄ばんだプラスチックのプレートが掛けられていて、

―――夜間立入り禁止。車庫内は大変危険です。お車に御用の方はお近くの職員に声をお掛け下さい

とよく見える太い文字で書かれていた。

 焦る気持ちを抑えてチェーンの前で立ち止まり、息を整える。そして物音を立てないよう注意しながら、跨いで車庫内に入った。

 中に入ると、灯りは通路と同じ誘導灯のみでさらに薄暗く、人の気配は感じられなかった。
 通路近くの端の方に、二輪車がまとまって駐車されていた。その中に僕ら夫婦のオートバイを認めた。中央まではぎっしりと普通車が駐車されていて、その先の方に大型のトラックが並んであった。

 周りの様子を窺いつつ、トラックが駐車されている奥の方を目指す。腰を低くして乗用車の影に隠れて進んだ。
 空調が効いたデッキとは違い、車庫の中は蒸し暑く体中から汗が噴き出す。

 車庫内には船のエンジン音だろうか―――、低い機械音が反響していて、僕の足音を掻き消してくれる。
 静かに、そして慎重に歩を進めた。

 トラックの列まであと少しの所で、微かだが人の気配を感じた。耳を澄ませば、機械音に混ざって人の息づかいのようなものが聞こえる。
 予想は的中したようだった。妻と田中が一緒にいるであろう場所に近いことから、見つからないように鉄製の床に這いつくばった。

 さらに歩を進め、大きなトラックのタイヤの傍で前進を止めた。2人の気配がはっきりと感じられるのだが、薄暗い前方に人影は見えない。

 這いつくばった姿勢のまま僕は顔を横に向けた。
 トラックの車低部を覗き込むような格好でトラックの反対側を見る。そこには肌色の蠢く物体―――、僕が想像していた以上の妻の痴態があった。

 全裸の姿で、仰向けで寝転んでいる田中の上に跨っている妻。一心不乱に腰を振り立てている。下になっている田中も全裸だった。
 腰を振り立てている妻は背中を大きく弓なりに反らせ、腰のくびれには田中の手が添えられていた。

 2人を探して辿り着いた最悪の結末が目の前にあった。それなのに目の前のセックスを止めようという気持ちには、不思議となれなかった。
 言葉では言い表せない不思議な感情。1つだけ確かな事―――、僕は激しく興奮していた。息を止めた僕は気配を消して、2人のセックスを覗き見た。

「―――ううう、ぶぁんあああぐぁあ―――、あぁあぁぁぁんんん!」
 聞いた事のない呻き声を発する妻。タガが外れているのだろうか。その下で田中が腰を激しく突き上げている。

「奥さん―――、さ、最高、気持ちイイ!!」
「ぶぃいの、ああぁっぁん、もっと、もっとぉぉぉーーー突いてぇぇぇえええ!!」
 叫ぶように喘ぐ妻。腰に添えられていた田中の手が妻の胸に移動した。
「うぁはぁぁぁん、オッパイいいの! もっと揉んでェ―――」

 腰を突き上げられ、乳房を弄ばれる妻の体が前方に倒れた。それを田中が下から抱きかかえる。お互いの顔が接近し、どちらからともなく激しく口を吸い合い始めた。

 見ていられない妻の痴態。体がゾクゾクと震えるような興奮を覚える。僕は勃起した一物を自然と床に擦り付けていた。
 長い接吻の最中でも2人の腰の動きは止まることがない。

「お、奥さん出そうだよ―――」
「―――駄目っ!! 中はダメぇぇぇっっっ!」

 頭がクラクラした。出会って間なしの若い学生と、避妊をすることなくセックスを愉しんでいる僕の妻。今までの幸せだった結婚生活の中で、一度も見たことのない淫靡な姿だった。

 中出しを拒否された田中が動きを止めて体を起こした。ぐちゅぐちゅになた割れ目から田中の逞しい一物が抜けると、「―――うほぉぉぉんんん!」と妻が間抜けな声で叫んだ。

 予期せぬ快感で白目を剥く妻。なんて情けなく、卑しい表情をするのだろうか。体を起こした田中が妻を寝かせて上下を入れ替えた。

 セックスに没頭する2人は全身汗まみれで、短い限られた時間の中で純粋に快楽を追及しているかのようだ。
 妻が仰向けに寝転がり、自分から両足を大きく開いて田中を迎え入れる姿勢を取る。そこへ田中が腰を進める。と同時に妻の両足が田中の腰に巻き付いたのだった。残念なことに、僕の位置からは挿入の瞬間が見えなかった。

「―――うっ! っはぁぁぁあああ~~~」
 妻が再び白目を剥いた。そんなに深く田中の一物が突き刺さったのだろうか。すぐに黒目に戻ると、こんどは悩ましく眉間にしわを寄せた。口許は半開きで涎のようなものが端に見える。何年も連れ添った良妻の貌はどこにもなかった・・・・・・。

「気持ちいい?」
「う、うう、っうううぅうう、はっ、はぁ、はあああん―――」
 正常位で貫かれる妻は田中の問い掛けに答える余裕がない。

「一緒に北海道を周りませんか」
「ああっ、あっダメ、駄目よ―――、夫に、ああっ、いい、夫に聞いてみないと―――」

「じゃあ聞いてみましょうか。ねっ奥さん。もっと気持ちよくなりたいでしょ」
「も、もっと? うっ、はっ、はんんん―――、深いぃぃぃっっっ―――」

「―――そう、もっと気持ちよく。僕と奥さん、セックスの相性がイイと思いません?」
 調子に乗って何て事を提案するんだ。旅の恥は掻き捨てというが、さすがに妻は同意しないだろうと思うのだが―――。
 
 妻を誘う田中がピストン運動に強弱をつけた。
 浅く深く―――、浅く、浅く―――、そして思いっきり深く。
 妻の割れ目から溢れ出す愛液が白濁していた。本気汁というやつだ。

「どうです? 一緒に走りませんか」
 聞いた田中が、妻の乳房にむしゃぶりつく。痙攣したように体を小刻みに震わす妻。

「っっっはああああん――― 一緒に、あんんん、一緒に、走る・・・・・・ 夫には、夫には私から話して、みるわぁ、ああはああん」

「やったあーーー!」
 妻の答えを聞いた田中の腰の動きが速くなる。そして妻は、両手を逞しい若者の背中に回して抱きついた。

「ひぃんんん! 今夜の事は、あああっっっ絶対に、内緒だから、ね」
「分かってますよ」

「お願いよ、絶対に秘密ぅううう――― あああぁぁぁん、気持ちイイぃぃぃんんん」
「旦那さんと最近ヤッた?」

「ば、バカぁん。変な事、うううっ、聞いちゃイヤ。夫の事は、言わないで・・・・・・ 夫婦を長くやってると、淡白に、ああん、なる、のよ」
「じゃあ奥さんは欲求不満ですね」
 からかうように言った田中が妻の鎖骨に舌を這わせる。

「そ、うよ。はぁああん、欲求不満なの――― だからぁぁぁ、いっぱい気持ちよくさせてぇ~~~!!」
 車庫内に響く妻の嬌声。その表情は見ていられないくらいに、いやらしく歪んでいた。

コメント